研課題
J-GLOBAL ID:202104014890219859  研究課題コード:13409149

微細藻類等の含水率の高い原料からの燃料製造プロセスの高度化

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 公私立大学の部局等, 研究員 )
研究概要:
本研究は,微細藻類等の高含水原料からの脂肪酸メチルエステル製造において,過熱メタノール蒸気法で乾燥と油分抽出および反応を同時に行った場合に,水分が反応や燃料品質に及ぼす影響を実験により明らかとすることで,製造プロセスの高度化を行った. その結果,水分はグリセリドの加水分解を促進し,反応流出液中のグリセリド類(トリグリセリド,ジグリセリド,モノグリセリド)の割合は減少するが,遊離脂肪酸が多く流出することが明らかとなった.このことから,本製造プロセスで高品質の燃料を製造するためには2段反応もしくは蒸留等が必要となること,原料とメタノール蒸気との接触効率の向上が課題となることがわかった.
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る