研課題
J-GLOBAL ID:202104014981938297  研究課題コード:11101473

簡易・迅速・低コストな土壌の重金属汚染判定キットの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院環境科学研究科 )
研究概要:
本研究では土壌汚染対策法の趣旨である土壌汚染リスク評価に資するため、現場で簡易に使用できる交換態重金属汚染の簡易判定キットを開発する。本キットはTCA土壌抽出法とそれに引き続く2種類の分離検出法(TLC法とメンブレン法)から構成され、対象とする重金属はCd, Pb, Hgである。TLC法では同時多成分測定、メンブレン法では高感度Hg測定を行う。TLC法に関してはTCA法との結合で予想外の問題が生じ、現在解決を急いでいる。一方メンブレン法は基準値(0.5ppb)レベルの土壌中Hgの存在を判別できるレベルにほぼ仕上がっており、技術移転、製品化を急ぎたい。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る