研課題
J-GLOBAL ID:202104014983538679  研究課題コード:11103999

制癌剤としての応用を目指した新規2量体ナノ薬剤の作製と薬効評価

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 多元物質科学研究所, 准教授 )
研究概要:
SN-38は強い抗癌活性を有することで知られるが、水溶性置換基を付けた化合物であるイリノテカンとして実用化されている。本研究開発では、逆転の発想により、SN-38の難水溶化を施したSN-382量体を用いて、キャリアフリーで、薬剤のみで構成されるナノ薬剤を創製した後、1.ナノ薬剤の細胞内外での動態、2.ナノ薬剤のエイジングによる薬効の向上、3.ナノ薬剤の薬効におけるサイズ依存性という3点を解明することに成功した。これらの知見は、化学のトップ論文雑誌に掲載されることが決定している。今後、上記の知見を活かして、企業への技術移転を図るとともに、マウスなどの小動物を用いたin vivo の実験系に進むことを目標とする。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る