研課題
J-GLOBAL ID:202104015007337142  研究課題コード:7700001570

X線1分子計測からのin-vivo蛋白質動的構造/機能解析

体系的課題番号:JPMJCR0143
実施期間:2001 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生物医学グループ, 副主幹研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR0143
研究概要:
蛋白質分子の動的構造情報/機能相関を詳細に解析するには、原子レベル以下の精度でin vivo動的1分子構造情報が安定に得られ、同時に1分子機能計測も併用可能なX線1分子計測法が最も有効です。本法を膜蛋白質分子のin vivo計測へ適用し、また本法と計算科学を合体させた全く新しい蛋白質構造決定法を検討します。本研究は、敏速な蛋白質分子の構造・機能情報の取得を可能にすることで、医薬利用等とならび1分子技術、バイオ技術、そしてナノ技術との融合を目指します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム-たんぱく質の機能発現メカニズムに基づく革新的な新薬、診断技術及び物質生産技術の創製を目指して-
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る