研課題
J-GLOBAL ID:202104015010519154  研究課題コード:11101696

ナノ領域での光電界増強効果を用いた高感度光分析用チップの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院ソシオテクノサイエンス研究部, 教授 )
研究概要:
ナノ領域で強い光電界増強効果を有する金属ナノ微細構造を作製し、その光電界を利用して入射光波長が500nm付近から1100nm付近にて超高感度な分子分光計測を行うためのチップを開発した。そのために、JST産官学拠点形成事業で導入された微細加工関連装置等によって、テンプレートとなる鋳型形成と異方性エッチングを行い、表面増強ラマン散乱による超高感度分光に最適化された金または銀によるナノ構造体の構造を作製するための微細加工技術の確立と光学的実験による有用性の実証実験を行った。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る