研課題
J-GLOBAL ID:202104015242063785  研究課題コード:18077521

糖鎖機能解明のためのシミュレーション解析基盤の構築(要素技術タイプ)

体系的課題番号:JPMJMI18GB
実施期間:2018 - 2020
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJMI18GB
研究概要:
糖鎖が関わる代謝やシグナリング・パスウェイのシミュレーション解析を実施し、糖鎖機能の予測法の確立とその検証を行う。具体的には、(1) 糖鎖の合成経路、(2) 糖鎖のタンパク質への付加機構、(3) 糖鎖の認識により引き起こされるシグナリング経路、(4) 細胞外マトリックスを構成する糖鎖の相互作用ネットワークのシミュレーション解析を行う。これらのシミュレーションが達成できると、同様な方法論を他のタンパク質の翻訳後修飾や代謝経路に広げることが可能となり、細胞全体の本格的なシミュレーションへの一歩となる。従来のシステム生物学の研究は、核酸レベルの解析に基づいて、高次遺伝子制御システムを提供しており、重要な翻訳後修飾である糖鎖の変化が取り入れられていなかった。これに対し、本研究開発課題はタンパク質・翻訳後修飾のレベルに焦点をおき、翻訳後修飾の機能を網羅して細胞内外の新規シミュレーションシステムの基盤を構築する。
研究制度:
上位研究課題: 共通基盤「革新的な知や製品を創出する共通基盤システム・装置の実現」
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る