研課題
J-GLOBAL ID:202104015273272870  研究課題コード:7700006941

大面積配向カーボンナノチューブ作製技術の開発

実施期間:2005 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工芸学部 )
研究概要:
本研究では大面積基板上に直接配向したCNT(カーボンナノチューブ)を作製する装置の開発を行う。基板上の配向CNTはFED(電界電子放射型ディスプレイ)や太陽光熱電子発電の電子放出源材料として期待されている。しかし、従来法では粉末状のCNTを基板上に塗布し配向させて利用するため密度ムラがあり、それが画素間輝度の均一性(FED)や変換効率(太陽光発電)に影響を与える問題が指摘されている。そこで基板上に直接配向成長できればこの問題が解決され、また製造プロセスも簡単になるのでコストが極めて安くなる。プラズマCVD(化学気相堆積)による成長ではこれが可能である。しかし、大面積基板への対応が課題として残っており、そのためのプラズマ制御法の開発が必要とされている。本研究では、大面積配向CNT作製に適した新しいプラズマ発生技術を開発し、CNT-FEDやCNT太陽光熱電子発電を将来的に実現すべく、大面積配向CNT製造技術の開発を目標とする。さらに将来的には、大面積配向CNT製造装置を商品化する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る