研課題
J-GLOBAL ID:202104015286468545  研究課題コード:08069074

新しいアルミニウム構造桁の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 准教授 )
研究概要:
耐震性とライフサイクルコストにおいて優れるアルミニウム橋を創出するために、水平の複数の突起を有するアルミニウム構造桁の耐荷力を明らかにする。アルミニウム合金製のパネルを試作し、アルミニウム構造桁の耐荷力に影響する、摩擦攪拌接合(FSW)過程でパネルに発生する初期不整と残留応力の大きさを明らかにする。得られた初期不整と残留応力を入力条件として有限要素法解析を実施し、初期不整と残留応力がパネルの耐荷力に与える影響を明らかにする。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る