研課題
J-GLOBAL ID:202104015314760117  研究課題コード:17938690

多光子現象を駆使した脳内化学情報伝達の可視化解析

体系的課題番号:JPMJPR17G6
実施期間:2017 - 2020
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR17G6
研究概要:
本研究では多光子顕微鏡技術を駆使し、精神機能の鍵を握りながらこれまで観ることができなかった化学情報伝達物質を、生きた脳組織の中で可視化する技術の開発と応用を試みます。本研究の成果は脳や精神の働きや病気の理解に大きく貢献すると共に、これまで観ることができなかった分子を生体内で可視化する技術の創成により、生命科学領域における量子技術の飛躍的な展開とかつてない知見の獲得へと繋がるものと期待されます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る