研課題
J-GLOBAL ID:202104015326420591  研究課題コード:12101638

形質転換ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発

体系的課題番号:JPMJCR12V1
実施期間:2012 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生物資源科学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12V1
研究概要:
微細藻類ユーグレナは、光合成により得た貯蔵多糖パラミロン(β-1,3-グルカン)から、バイオディーゼル燃料としての利用が期待されるワックスエステル(主成分は、ミリスチン酸C14とミリスチルアルコールC14)を大量に生産します。本研究では、ワックスエステル発酵経路とその調節機構の解明および関連有用遺伝子による形質転換技術を用いて、より高い光合成活性を持ちワックスエステル高生産可能な‘スーパーユーグレナ’作出のための基盤技術の確立を目指します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る