研課題
J-GLOBAL ID:202104015345233441  研究課題コード:18070146

メガベースサイズの人工DNAを用いたヒト人工染色体の設計・構築と汎用化

体系的課題番号:JPMJPR18K3
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 先端研究開発部, 研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18K3
研究概要:
ヒト人工染色体は、メガベース(百万塩基対)スケールのDNA配列を搭載可能な染色体ベクターで、物質生産や細胞機能を制御するための遺伝子群・人工合成したゲノム配列などの搭載と活用が期待されます。本研究では、ヒト人工染色体の動作原理を解明するとともに、メガベーススケールまで人工合成DNAを繋ぎ合わせる技術を創出することで、ゲノムスケールのDNAをヒト人工染色体に搭載・活用するための基盤技術を確立します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る