研課題
J-GLOBAL ID:202104015420974274  研究課題コード:7700006631

常温近傍新規蓄熱材料の開発研究と応用

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 助教授 )
研究概要:
蓄熱材料(保冷材)は、食品はもとより医療、化学薬品等の保存・運搬用資材として身近に用いられている“エネルギー資材”の一つである。しかしながら、現状蓄熱材料は低温域(-35°C~5°C)と高温域(40°C以上)を網羅できる材料しか存在せず、その中間域(常温近傍:5°C~20°C)で利用できる蓄熱材料は殆どない。本研究の目的は、従来にない新たな「省エネルギー商品」の開発を目指して、“エネルギーの有効利用”が図れる新規な常温近傍蓄熱材料の開発を行うことである。当該研究の成果は、例えば、「血液輸送(医療)」、「蓄熱・断熱住宅(建築)」、「冷・温蓄熱衣料(繊維)」、「車椅子・ベビーカー用蓄熱シート」等、多岐にわたる産業分野での新たな応用展開につながる。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る