研課題
J-GLOBAL ID:202104015445603700  研究課題コード:18070359

新規遺伝子導入法による神経細胞樹状突起の光操作と測光

体系的課題番号:JPMJPR1883
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , バイオメディシン・ディスカバリー研究所, グループリーダー )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1883
研究概要:
大脳皮質の情報処理の演算ユニットは神経細胞です。その細胞内構造である樹状突起は、微小な入力信号を電気的に増幅できます。今までネットワークの計算と思われていた非線形な視覚応答が、樹状突起の演算で生じることを因果的に示すため、マウス大脳皮質視覚野4層の単一神経細胞にて樹状突起活動を光操作・測光します。樹状突起が演算サブユニットとして持つ豊かな計算能力を示すことで、皮質情報処理に対する理解を変えます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る