研課題
J-GLOBAL ID:202104015495629173  研究課題コード:14532170

オミクス解析に基づくアレルギー発症機構の理解と制御基盤の構築

体系的課題番号:JPMJCR1463
実施期間:2014 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 統合生命医科学研究センター, グループディレクター )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1463
研究概要:
近年アレルギー疾患は増加の一途をたどり、国民病とも言われています。アレルギーは遺伝的要因と環境要因の複合により発症すると考えられ、環境要因の中でも特に腸内常在細菌群とその代謝物・生理活性物質の重要性に注目が集まっています。また、母乳中の生理活性物質の役割も着目されています。本研究では、脂質を中心に腸内細菌や母乳中の代謝物・生理活性物質の網羅的かつ高精度の解析から、アレルギー発症・増悪因子となるバイオマーカー候補の同定を目指します。
研究制度:
上位研究課題: 疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
研究課題ステータス (1件):
  • 移管 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

前のページに戻る