研課題
J-GLOBAL ID:202104015562810880  研究課題コード:21445976

コロナ時代に対応する新規健康管理パラメーター探索のための全自動PCR装置を用いたcfDNA測定方法の確立

体系的課題番号:JPMJTM20KB
実施期間:2021 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学系研究科 形態解析学・器官構造学講座, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20KB
研究概要:
cfDNA(細胞遊離DNA)は、細胞の死滅・破壊により抹消血中に放出される微量のDNAであり、健康状態や種々の疾患との関連が示唆されてきたが、従来cfDNAの正確な定量法が存在せず、その詳細は不明であった。本課題では、代表研究者が独自開発した超高感度ヒトゲノム定量法(特許出願・論文発表済み)を、1全自動PCR検査装置に応用して、ヒト血中cfDNAの量及びサイズ変動の正確な測定方法を確立し、2健康状態や疾患の有無との関連を解析することにより、新規健康管理パラメーター候補を探索する。本課題は、コロナ禍で急速に普及した定量PCR装置の用途を拡大し、健康管理の需要を満たす新たな事業展開を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る