研課題
J-GLOBAL ID:202104016043712401  研究課題コード:20345314

距離制約をもつ離散構造に対する解析理論の構築

体系的課題番号:JPMJAX2009
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院情報理工学系研究科, 大学院生(修士課程) )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAX2009
研究概要:
既存の有限幾何ネットワークの剛性理論を周期的な幾何ネットワークに拡張し、分子結晶の構造解析理論を構築します。また一般大域剛性の組み合わせ的な特徴づけを研究し、座標計算を伴わない高速なアルゴリズムを設計します。さらにこれらの解析手法を彩色数や接吻数の計算に用いることを試みます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 数理・情報のフロンティア
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る