研課題
J-GLOBAL ID:202104016135248043  研究課題コード:10101614

人刺激・計測MEMSを用いた効果的な環境知能伝達方法の開発

体系的課題番号:JPMJPR10TB
実施期間:2010 - 2015
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学部, 専任講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR10TB
研究概要:
環境知能の実現により、人が有益な情報をリアルタイムかつオンサイトに享受できるようになります。本研究では、環境知能伝達の有効性を評価するためのプラットフォームを、人を刺激する触覚ディスプレイ、またその応答を行動および認知レベルで計測する透過型眼鏡式視線検出システム、フレキシブル脳波計測電極などの人刺激・計測MEMSを新たに開発することにより構築し、これを用いて効果的な環境知能伝達方法を開発します。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 情報環境と人
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る