研課題
J-GLOBAL ID:202104016192836709  研究課題コード:09157722

テネイシン-Cを分子標的とした難治性炎症性疾患治療薬の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 薬学部, 教授 )
研究概要:
炎症部位で高発現するテネイシン(TN)-Cの断片であるTNIIIA2が、炎症の主因の単球、T細胞の血管外浸潤と停滞を促進し、TNIIIA2中和抗体がこれらを抑制することをin vitro実験系により見いだした。本研究では、TNIIIA2中和抗体を抗炎症薬として利用することを前提として、その標的疾患を特定すると共に、in vivo実験に適用する抗マウスTNIIIA2抗体を調製する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る