研課題
J-GLOBAL ID:202104016193592595  研究課題コード:17940699

反応性量子ビームによる細胞内生命現象の可視化

体系的課題番号:JPMJPR17G8
実施期間:2017 - 2020
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院環境情報研究院, 特任教員(講師) )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR17G8
研究概要:
反応性の高い化学物質をビーム源とすることで、試料表面で起こる化学反応により試料分子のイオン化を補助する、新しい量子ビームを開発します。この反応性量子ビームを分析プローブとして、高感度と高分解能を両立するイメージング質量分析装置を実装します。この反応性量子ビームを用いて、細胞内部で起こる代謝機構を始めとした一細胞内の生命現象を可視化することを目指します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る