研課題
J-GLOBAL ID:202104016374418813  研究課題コード:7700005973

磁気光学効果スイッチを用いた時分割型双方向光中継器の開発

実施期間:2005 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部 )
研究概要:
現在の通信需要の中心であるインターネットトラフィックは上り・下り回線間のデータ転送量の顕著な非対称性と、ダイナミックな変動を特徴としている。応募課題の時分割型双方向光中継器は中継器の増幅方向を切り替えることにより、非対称性でダイナミックなトラフィック変動に対応して中継伝送系を再構成し、光ネットワークの経済化と高信頼化に寄与することを狙いとしている。時分割型双方向光中継器は、磁気光学効果を用いた新構成の方向切り替えスイッチと単方向光増幅器とにより構成され、増幅方向を切り替えている。この結果、既存の単方向光中継器と同等の伝送特性と信頼性を維持しつつ、高速に中継器の増幅方向を切り替えることが可能である。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る