研課題
J-GLOBAL ID:202104016440084611  研究課題コード:7700300058

油流出事故の危機管理システムに対する研究

体系的課題番号:JPMJRX0311
実施期間:2003 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 地球環境科学部 )
研究概要:
本研究は、ナホトカ重油事故の教訓を基に、サハリン沖エネルギー開発における油流出対策の現状を分析し、日本の油汚染防除体制における危機管理システムの不備を明らかにする事を目的とする。このため、改善を阻害している根本要因を明らかにし、法律改正を含め適切な流出油防除体制を提案し、欧米・韓国並みの防除体制を実現するための社会システムを提案する。本研究では、北海道オホーツク海沿岸部の流出油防除計画が構築され、関係地域にもたらす社会的役割は大きい。
研究制度:
上位研究課題: 社会システム/社会技術論
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る