研課題
J-GLOBAL ID:202104016811931177  研究課題コード:11104401

軽量コイルにより鼓膜を加振する次世代型補聴システムの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 機械システム工学科, 准教授 )
研究概要:
本課題では、筆者らが開発した、イヤホンを用いずに鼓膜面に軽量のコイルを留置し、それらを加振させることで補聴効果を得るという「次世代の補聴システム」の更なる高機能化を目指し、入力した音を忠実にコイルの振動で再現し、かつ、音源の位置を正しく知覚(方向定位)出来るようにするための制御システムを共同で試作する。鼓膜・耳小骨を忠実に再現した「中耳模型」に補聴システムを取り付け、実音源による鼓膜振動と、補聴システムによる鼓膜振動のパターンを比較し、低周波数以外では、振動パターンが一致していることを確認した。また、低周波数でのひずみの原因を調べるため、ヒト頭部モデルによる有限要素法解析も行った。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る