研課題
J-GLOBAL ID:202104016876458207  研究課題コード:08003198

近赤外光を用いた脳浮腫モニタリング手法の確立

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 電子科学研究所, 助手 )
研究概要:
本研究は脳浮腫を早期にモニタ可能とする技術を確立することが目的である。1μmを超える近赤外光領域を利用し浮腫形成を反映する組織の水の吸収および散乱の特性を評価する。これらのために小動物モデルを用い、主として時間分解計測を組織の光学特性評価を行い実用化に最適な光学測定条件などの基礎技術を確立する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る