研課題
J-GLOBAL ID:202104016885077763  研究課題コード:08062290

情動的意思決定における脳内分子メカニズムの解明

体系的課題番号:JPMJPR08G4
実施期間:2008 - 2011
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 分子イメージング研究センター )
研究概要:
ヒトは個人の利得を最大限にしようと、合理的に振舞うとする理論では説明できない非合理な意思決定(例:利他行為、モラル判断、ギャンブル)を時に行います。これらの人間らしい意思決定には情動が関与しています。情動的意思決定に関連する脳部位をfMRIで同定し、PETで得られるドパミン等の情報や、薬物による影響を併せて検討し、情動的意思決定の分子機構を明らかにします。この手法を応用し、情操教育や精神疾患の診断に役立てます。
研究制度:
上位研究課題: 脳情報の解読と制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る