研課題
J-GLOBAL ID:202104017053028874  研究課題コード:12102711

遺伝子治療実用化に向けた高分子ナノデバイス粉末製剤の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 薬学部薬学科, 教授 )
研究概要:
噴霧急速凍結乾燥法により、確実かつ容易に溶液製剤化でき(易溶性)、保存時の遺伝子構造が安定に保たれ遺伝子発現能を維持できる遺伝子粉末製剤の開発を行った。得られた製剤はHEPES緩衝液添加後5秒以内に溶解し、十分な易溶性を備えていた。粉末の分散補助剤であるロイシンを添加することで、3ヶ月保存後にゼータ電位がやや低下した以外は粒子形状、粒子径に変化はなく、遺伝子の高次構造も保持されていた。冷所保存した粉末製剤でのルシフェラーゼ活性は3ヶ月保存後においても当日調製した溶液製剤に匹敵し、高い安定性を保持しており、目標はほぼ達成された。ロイシンの効果について、引き続き大学から支給される研究費を用いて研究を継続する予定である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る