研課題
J-GLOBAL ID:202104017159845057  研究課題コード:09158249

新たな可変剛性型動吸振器による振動・騒音抑制技術の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 助教授 )
研究概要:
本技術は,機械系あるいは建築構造物の振動を抑制するための動吸振器の固有振動数を,はりの回転角のみで調整可能にした新たな装置である.従来の可変剛性型動吸振器は,片持ちばりのはり長を調整するタイプが主流であったが,固有振動数の調整精度不良,構造の肥大化などの問題から,製品化されるに至らなかった.そこで,本技術の実用化をめざし,本試験研究では以下の点を重点的に行う.?セミアクティブ制御を用いた固有振動数の自動調整装置の開発. ?機械系で対策が殆どない自励振動(摩擦振動やパターン形成)に関する制振手法の実験的検証. ?新機構導入によるさらなるコンパクト化および実用化の検討のための課題整理.
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る