研課題
J-GLOBAL ID:202104017272892835  研究課題コード:20345103

潜在する生命のゲノムが創出する原始細胞骨格機能の具現化

体系的課題番号:JPMJPR20KA
実施期間:2020 - 2023
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学系研究科, 博士研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR20KA
研究概要:
ゲノム解析などの進展により、原始のアクチン細胞骨格の姿がわかってきました。しかし、メタゲノムや非モデル生物の機能は、解析が難しいことが課題になっています。本研究では、これらのゲノム機能を直接解析することを可能にするため、人工細胞内でのタンパク質光操作を実現し、細胞骨格による動的な膜変形や運動を具現化できる技術基盤を構築します。それらの技術を用い、細胞骨格や膜変形機能の起源に迫ることを目指します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る