研課題
J-GLOBAL ID:202104017299023871  研究課題コード:10101743

光ナノインプリントによるプラズモンフォーカシングラマンセンサーの開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学(系)研究科(研究院), 助教 )
研究概要:
プラズモン共鳴を利用したバイオセンサーの研究開発が盛んに行われている中、高感度検出が可能なフォーカシング機能を有した構造を提案し、プラズモンフォーカシングラマンセンサーの開発を目標とした。まず、数値計算により、金属膜厚やフォーカシング径、ホール周期間隔の最適条件を決定した。次に、集束イオンビームを用い、最適条件下のプラズモンフォーカシングラマンセンサーのプロトタイプ作製に成功した。最後に、作製したセンサーの光学特性を検討した結果、数値計算とよく一致し、既存センサーの一万倍の感度を示した。以上のことから、本研究開発で作製したセンサーは非常に有用であることを見出した。今後の展開では、実用化を見据えた光ナノインプリント法によるプラズモンフォーカシングラマンセンサーの開発に取り組む。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る