研課題
J-GLOBAL ID:202104017474207379  研究課題コード:13417352

「ビッグデータ同化」の技術革新の創出によるゲリラ豪雨予測の実証

体系的課題番号:JPMJCR1312
実施期間:2013 - 2018
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 計算科学研究機構データ同化研究チーム )
研究概要:
本研究では、次世代の高精細シミュレーションと新型センサによる「ビッグデータ」を扱うための「ビッグデータ同化」の技術革新を創出し、ゲリラ豪雨予測に応用して、30秒毎に更新するリードタイム30分の天気予報という従来では考えられない画期的なシステムを、フェーズドアレイ気象レーダー、次期気象衛星ひまわり、京コンピュータという我が国が世界に誇る次世代技術を駆使して実証実験します。これにより、ビッグデータ利用の基盤技術を確立し、ゲリラ豪雨や竜巻等の防災・減災に資するとともに、気象学的ブレークスルーをもたらします。
研究制度:
上位研究課題: 科学的発見・社会的課題解決に向けた各分野のビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る