研課題
J-GLOBAL ID:202104017488775264  研究課題コード:10102268

高原子効率ペルフルオロ化によるフッ素化ポリマー合成法

実施期間:2010 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学(系)研究科(研究院) )
研究概要:
本研究は、ケイ素-フッ素複合材料の創生を目的に、高原子効率ペルフルオロアルキル化によるフッ素化ポリマー合成法を確立し、種々のビニルケイ素化合物に対して、光照射によりフルオラス基の導入を行うものである。研究内容として、1.ビニルポリシランのフルオラス化、2.シランモノマーへのフルオラス基導入、の各々の項目について検討し、ポリシランおよび種々のケイ素化合物に対し、光照射によるクリーンなフルオラス置換基の導入が可能であることを明らかにした。これにより、ビニルポリシランの薄膜上でフルオラス化が可能となり、高い撥水性を発現することに成功した。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る