研課題
J-GLOBAL ID:202104017573139881  研究課題コード:11101386

量産型竹チップ作製技術の開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 地域連携・テクノセンター )
研究概要:
竹の繊維を製紙等に利活用するため、従来方法の低い生産性や騒音問題を解決して、竹素材から約30mm角の竹チップを量産する技術を開発し、コスト低減を図るための研究である。本研究では、基本構想図に基いた量産対応の竹チップ作製装置を具体設計、製作、稼働テストを行い、技術評価まで実施した。評価の結果、上記の目標に対して、チップ作製能力以外は達成した。課題は工程の途中で竹片が分割刃物に詰まる問題が発生し、これを手で除去する作業が頻繁に必要となり、稼働率が大幅に低下した。今後は技術課題として明確になった竹分割後の刃物間の詰まりと、チップ寸法との相反する問題を解決し、量産化レベルまで到達したいと考えている。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る