研課題
J-GLOBAL ID:202104017751655481  研究課題コード:11103031

長期応力蓄積過程を考慮した東北地方太平洋沖地震のダイナミクスの解明

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学系研究科(理学部), 准教授 )
研究概要:
本研究は、東北地方太平洋沖地震の地殻変動および地震動データと、これまで開発してきたさまざまな地震のモデル化手法を駆使して、非常に広い周波数範囲でこの地震の震源像を明らかにすることを目的とする。日本側は主にデータの分析を担当し、フランス側は主に応力蓄積過程のモデル計算を担当する。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、今後の巨大地震の予測精度向上へ貢献することが期待される。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 東日本大震災
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る