研課題
J-GLOBAL ID:202104017782228468  研究課題コード:08001659

沖縄県「亜熱帯生物資源の高度利用技術の開発」

実施期間:2002 - 2007
実施機関 (2件):
研究代表者: ( , 代表取締役会長 )
研究責任者: ( 名誉教授 )
研究概要:
亜熱帯生物資源の高度利用に関する基盤技術確立のため、生物資源を利用した有用物質の生産技術開発と生物資源に含まれる有用物質の機能解析を行う。海藻類の機能性物質の生産技術開発、食用植物資源の新規利用法・加工技術開発、沖縄産有用生化学資源の探索・生産技術開発、遺伝子資源の有効利用、品質保証のための標準評価法・定量分析法の開発と機能性物質ライブラリの構築に取り組む。 沖縄県は亜熱帯地域に属し、陸上、海洋には多様な亜熱帯の生物資源が存在しており、その多くは有用物質を含有している。また、県内研究機関を中心に、亜熱帯生物資源の活用を目指した調査、研究が行われ、高いポテンシャルを有している。 今後、亜熱帯資源の利活用をさらに進め、新たな産業を創出していくためには、先端的なバイオテクノロジーによる有用生物、有用生物の探索、機能解明など、亜熱帯生物資源の高度利用研究を行う必要がある。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る