研課題
J-GLOBAL ID:202104017933295138  研究課題コード:11104651

超高感度テラヘルツ波NMR装置の活用・普及促進

体系的課題番号:JPMJSN11E4
実施期間:2011 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 蛋白質研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN11E4
研究概要:
【装置】 本プログラム「機器開発タイプ」において開発した高分解能固体NMRの感度を550倍向上させる高磁場動的核分極法(DNP)装置を開放(共同利用)します。この装置は、DNP法としては世界最高磁場14.1Tと最低温度30Kでの試料回転が可能であり、周波数可変ジャイロトロンで容易に高出力テラヘルツ波照射条件を最適化できるなど世界最高性能を持ちます。 【内容】 本高感度NMR装置を開放(共用)することにより、生体高分子および細胞内での生体分子の立体構造決定、材料構造解析、微量化合物・医薬品の分子構造解析などへの応用が期待されます。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る