研課題
J-GLOBAL ID:202104018057909650  研究課題コード:07050712

先進技術の社会影響評価(テクノロジーアセスメント)手法の開発と社会への定着

体系的課題番号:JPMJRX0752
実施期間:2007 - 2010
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院公共政策学連携研究部 )
研究概要:
テクノロジーアセスメント(TA)は、技術の社会導入前にその正・負の影響を評価し、政策決定を支援する事を目的とする。日本では断片的評価等は行われてきたが、多様な社会影響を考慮した包括的TAが定着していない。そこでまず、政策過程論の観点から日本のTAの歴史を分析する。次に、多様な関係者の視点を組み込む問題構造化の概念に基づいたTA手法を構築する。最後に、新手法の社会定着に向けた制度構築・運用上の提言を行う。
研究制度:
上位研究課題: 「科学技術と人間」研究開発領域/科学技術と社会の相互作用
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る