研課題
J-GLOBAL ID:202104018082706861  研究課題コード:08069183

高感度・高速・低コストな次世代免疫診断法の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工芸科学研究科 )
研究概要:
本研究では、独自に開発したポリスチレン親和性ペプチド(PS-tag)を用いてイムノアッセイの大幅な高感度化・高速化・低コスト化を一挙に実現することを目的とする。PS-tagを導入した抗体を独自の生産方法により大量生産し、イムノアッセイのコーティング用抗体試薬として使用することで、抗体試薬の生産コストの大幅な削減を目指す。さらに、独自に開発したOne-stepELISA 法を用いてイムノアッセイを行うことで高い検出感度を維持しつつ操作時間の大幅な短縮を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る