研課題
J-GLOBAL ID:202104018317675420  研究課題コード:7700009206

Nrf2活性化に基づく神経変性疾患予防剤評価法の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 助手 )
研究概要:
高齢化社会を迎えた日本にとっては、パーキンソン病やアルツハイマーなどの神経変性疾患の予防が社会的に重要な課題となってきた。酸化ストレス応答を制御する転写因子であるNrf2 は、マウスパーキンソン病モデルなどにおいて発症防御に働くことが明らかになっている。一方、神経突起伸長因子NGF は、交感神経細胞や中枢神経系の分化機能維持に重要な遺伝子として知られているが、近年では、神経損傷などに応答して発現誘導され、神経細胞防御に働くことが明らかになってきた。p62 遺伝子はNGF の下流のシグナル伝達物質として働いて、NGF による神経分化および細胞死の抑制に関与していることが明らかになっている。私たちは、以前、マウスマクロファージにおいて、p62 がNrf2 の標的遺伝子であることを明らかにした。本申請では、Nrf2 の活性化がp62 の遺伝子発現に与える影響を神経細胞において検討し、Nrf2活性化による神経保護の分子機構を検討する。以上のことが明らかになれば、Nrf2 活性化に基づく神経疾患予防剤評価法を確立することができる。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る