研課題
J-GLOBAL ID:202104018328717370  研究課題コード:09156319

自己回復性ヒューズ素子のサージ防護デバイス適用に向けた開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究院電気電子工学研究系 電気エネルギー部門, 准教授 )
研究概要:
本研究は、配電用システムを対象とした雷サージ保護用のデバイスであるSPDの課題を、申請者らがこれまで開発してきた自己回復性ヒューズSRF素子を適用することで解決することを目的としている。現在のSPDは、雷サージ保護のために設置されているが、続流により素子が焼損することが問題であるため、SPDにSRF素子を適用し、20マイクロ秒内で最大20kAの電流を遮断できるようなSRF素子をヒューズエレメントの構造と素子構成を改良する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る