研課題
J-GLOBAL ID:202104018341191166  研究課題コード:11104186

アプタマーを利用した電気化学的VEGF高感度・迅速検出システムの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学研究院, 教授 )
研究概要:
血管内皮成長因子(VEGF)の迅速検出を目指し、1本のアプタマーとペプチド核酸(PNA)から成るアプタマーの部分相補鎖(CaPNA)を利用することで、標的に結合したアプタマーと結合していないアプタマーを簡便に分離する手法(B/F分離)を開発した。種々のCaPNAをデザインすることで、VEGF存在下、非存在下において有意なシグナルを観察した。濃度依存性を評価したところ、25 nMのVEGFの検出を行うことが出来た。PNAを利用することで、B/F分離は2分で完了し、DNAを利用した場合と比較し、迅速な検出系を構築できた。しかし、バックグラウンドが高いことにより、pMオーダーの検出限界はまだ達成出来ていない。今後は、更に異なる配列を有するCaPNAをデザインすることで、バックグラウンドを低下させ、pMオーダーのVEGFを数分で測定することを目指した。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る