研課題
J-GLOBAL ID:202104018342637117  研究課題コード:7700300084

学習機構の生後発達の分子基盤の解明とその応用

体系的課題番号:JPMJRX0232
実施期間:2002 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医科学研究所 )
研究概要:
中枢神経系の海馬は、シナプスが長期的に強化される(長期増強)ことにより、外界の情報を蓄積し記憶・学習の形成を司ります。長期増強の生後発達機構の解明により、学習能力発現機構の本質の理解を目指します。NMDA受容体が長期増強と学習能力に重要な役割を果たし、発生・分化に重要なRasによる調節を受けることを見いだしたため、ras遺伝子を中心としたNMDA受容体機能調節の生後発達を解析し学習能力発達の分子機構の解明とその教育への応用を目指すものである。
研究制度:
上位研究課題: 「脳科学と社会」研究開発領域/脳科学と教育
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る