研課題
J-GLOBAL ID:202104018365228931  研究課題コード:08069894

高感度磁気センサを用いた配管等の厚み遠隔測定法の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 電気電子工学科, 教授 )
研究概要:
工業プラント等において、圧力容器や配管の板厚などの計測は安全性確認の立場から、必須の要件であり、法令上も規定されている。しかし、このような容器や配管、通常、断熱材や塗料層などで覆われ、材料表面への直接計測は不可能な場合が多く、従来の超音波法や渦電流検査法では直接接触あるいはそれに近い状態でないと測定が不可能であった。本課題では高感度磁気センサを用いることにより、断熱材や塗装層などが存在しても、材料の厚みなどの形状測定を可能とする試みであり、非破壊検査技術上、画期的な手法を提示し得ると考える。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る