研課題
J-GLOBAL ID:202104018381309712  研究課題コード:21447133

熱力学平衡温度を超越する温熱回収型高温生成吸収式ヒートポンプ

体系的課題番号:JPMJTM20P0
実施期間:2021 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部/地方創生エネルギーシステム研究センター, 教授/センター長 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20P0
研究概要:
飽和溶解度以上の高濃度で流動性を有する臭化リチウム微細結晶スラリーを吸収液に用い,80°Cレベルの温熱から簡易かつコンパクトな単段サイクルシステムにより,150°C以上の高温を生成する吸収式ヒートポンプ(AHP)開発を行う.本スラリーは自己濃縮効果により,熱力学的平衡温度を超越する高温化と高熱容量蓄熱剤としての機能を有することに着眼し,以下の研究を実施する.1)高温高濃度スラリーの熱力学的平衡データを示差熱重量分析法にて検証,2)バッチ式ラボスケール水蒸気吸収試験装置による超平衡温度生成と有効蓄熱量評価,3)スラリーへの水蒸気吸収速度のモデリング,4)ラボスケールAHPシステム基本仕様策定.
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る