研課題
J-GLOBAL ID:202104018470094533  研究課題コード:12101381

ケイ酸カルシウム系吸着材を用いた放射性セシウム汚染土壌の減容化

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学研究科 物質系工学専攻 )
研究概要:
放射性セシウムで汚染された土壌の減容化を図るべく、新規に開発したケイ酸カルシウム系吸着材を洗浄剤とした土壌洗浄および吸着材による分離方法を検討した。塩酸などの薬品や加熱操作を行わずにマイクロバブルなどの穏やかな方法による洗浄では土壌中のセシウムの1/3程度しか除去できず、予備実験よりも低い結果となった。この理由としては、予備実験から時間が経過したため、粘土鉱物に吸着したセシウムがより安定化したことや土質の違いによるものと考えられる。一方、化学的な洗浄方法よりも磁気分離を用いた物理的洗浄方法が注目されていることから、吸着材の改良を図った。その結果、吸着率の向上と磁性の付与に成功し特許出願に至った。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る