研課題
J-GLOBAL ID:202104018523390059  研究課題コード:19205715

生体内量子多体系における特異的化学反応の機構解明

体系的課題番号:JPMJPR19G6
実施期間:2019 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 計算科学研究センター, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19G6
研究概要:
光化学系II酸素発生中心ではMnの酸化数が決定できていない大問題が存在します。本問題を量子スピン状態固有の磁気異方性相互作用を帰属することで解明します。また、S2->S3->S0過程の新たな反応機構を独自開発の構造探索手法を用いて解明します。ニトロゲナーゼ(NG)については休止状態の基底スピン状態と電荷状態を帰属することで理論解明します。窒素還元に関わる反応経路を探索し、NGの反応機構の理論解明を進展させます。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る