研課題
J-GLOBAL ID:202104018722287984  研究課題コード:7700004679

有害物質を感知及び除去する液晶ゲルビーズの応用

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部 )
研究概要:
発ガン物質は遺伝子の本体であるDNAにインターカレート(特異的に挿入)してその機能の発現を妨害することによりガンを引き起こす場合がある。この性質を逆に利用して、不溶化したDNAフィルムを有害物質が含まれる溶液中に浸漬あるいは気体中に静置することにより、有害物質除去を行うことができる。本研究は、濃厚溶液の透析を利用して、DNAを不溶化させると同時に配向させ液晶ゲル状態を取らせて作製した液晶ゲルビーズの応用開発を目的とする。この方法によって作られる液晶ゲルビーズは発ガン物質を効率良く吸着するばかりでなく、クロスニコル下での観察によって容易に吸着量を感知できることが特徴である。さらに、本技術を他の生体高分子に適用した場合には、一定速度で薬剤を徐方できる特徴をもつマイクロカプセルを作ることができ、一般の合成棒状高分子に適用した場合には偏光レンズなどの光学部品の作製に利用することもできる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る