研課題
J-GLOBAL ID:202104018793857153  研究課題コード:09157971

プロテアーゼ活性化受容体2の機能を修飾するDNAアプタマーの開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 助教 )
研究概要:
プロテアーゼ活性化受容体(PAR)は創薬標的として重要なG蛋白質共役型の受容体であり、4種の受容体が同定されている。中でもPAR-2は細菌感染に伴う炎症や免疫応答反応に重要であり、細菌感染により上昇する。従って、PAR-2活性阻害剤は新規医薬品の可能性を秘めているが、今までPAR-2を標的としたアンタゴニストは未開発である。本研究は創薬シーズの一つとして、DNAアプタマー作製技術を利用してPAR-2アンタゴニストの開発を行なうものである。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る