研課題
J-GLOBAL ID:202104018848013863  研究課題コード:08068618

日向夏のエステラーゼ阻害成分を用いたプロドラック吸収促進剤の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 薬学部, 助手 )
研究概要:
エステル型プロドラッグは、吸収の際にエステラーゼによる加水分解を受け、その吸収量が減少する。代表研究者は、宮崎県産の柑橘類、日向夏(Citrus tamurana Hort.)果汁がエステラーゼ活性を強く阻害することを見出した。本研究では、日向夏中のエステラーゼ阻害成分を同定し、そのプロドラッグ吸収増大作用を指標に、日向夏成分を用いたプロドラッグ吸収促進剤を開発することを目標とする。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る