研課題
J-GLOBAL ID:202104018891441143  研究課題コード:09154486

数理医学が拓く腫瘍形成原理解明と医療技術革新

体系的課題番号:JPMJCR09U5
実施期間:2009 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院基礎工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR09U5
研究概要:
数理モデルを用いてがん病態生理発生メカニズムを解明するとともに逆問題研究と連動したがん診断技術を開発します。 計算機と数学理論を用い、 基礎医学実験に基づいたモデリング技法を確立することで、 特に初期浸潤過程において細胞内生化学反応がサブセルの変形をもたらす仕組みを明らかにします。応用として、病態生理の予測、 最適治療法選択・新薬開発ツールの提供、 新しい動作原理による自動細胞診断を実用化します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る