研課題
J-GLOBAL ID:202104018920282033  研究課題コード:11104070

バイオマーカーによる歯周病診断応用への検討

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 口腔検査センター )
研究概要:
歯周組織においてセメント芽細胞に特異的に発現するF-spondin (SPON1) の炎症時における機能を明らかにするために、歯周靭帯細胞(HPL)、SPON1を過剰発現させたHPL (HPL-spondin)およびヒトセメント芽細胞を用いて歯周病原性菌由来のLPS刺激に対する炎症性サイトカインの発現および培養上清中のPGE2の産生量を検討したところ、IL-6 mRNA発現およびPGE2産生量はSPON1発現により抑制された。また、siSPON1によりSPON1の発現がノックダウンされると軽度ではあるがIL-6の増加も認められた。本研究結果より、SPON1の発現とIL-6およびPGE2の産生が関連を持っていることを明らかにしたことより、本年度の目標を達成した。今後は、歯周炎が生じた際の宿主側の因子として、SPON1が新しいバイオマーカーとなる可能性が考えられるため、SPON1の発現を歯周組織中から測定する方法を検討していく予定である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る