研課題
J-GLOBAL ID:202104019029368446  研究課題コード:11104404

溶剤可溶性を示す高耐熱性芳香族ポリケトンの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院理工学研究科 )
研究概要:
本課題では、高性能エンジニアリングプラスチックの一つである「芳香族ポリケトン」素材の一層の高耐熱性・十分な溶解性・十分な高重合性の付与を図ることを目指した。高耐熱性の目標値として、ガラス転移温度240度以上のポリマーの開発を目指し研究を行った。すなわち、ポリケトン主鎖に、十分な溶解性を付与することを目的に、「1,1’-ビナフチル単位」を導入し、その2,2’-位での分子鎖伸長を試みた。その結果、パラジウムナノクラスター触媒を使った鈴木-宮浦クロスカップリング重合反応を行うことで、ガラス転移温度240度を超える可溶性芳香族ポリケトンの合成を実現した。さらなる耐熱性の向上を目指し、「1,1’-ビナフチル単位」からの分子鎖位置の変更および組み込む芳香族単位の分子設計の改良を行うことにより、ガラス転移温度290度を超える可溶性芳香族ポリケトンの合成を実現した。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る